境町の特産品

境町のお米

Pocket

4つの土地改良区

 境町では、長井戸沼土地改良区、境東部土地改良区、西総土地改良区、一ノ谷沼土地改良区の4つの土地改良区が、利根川用水などを用いて稲作の時期(4月~9月)に用水管理を行っています。その為、必要な時期に水を汲み上げ、稲に必要な水を水田に汲みこむことが出来ます。圃場管理(ほじょうかんり)をしっかりとすることでおいしいお米が育ちます。


境町の土壌

 雄大な利根川を臨む境町の土壌は、大まかに細粒質還元型グライ低地土に分類されます。細粒質還元型グライ低地土は、主に河川周辺に分布しており、河川氾濫により堆積した土砂等が主な母材です。度重なる河川氾濫による堆積物の重積により、土壌母材は常に新しい状態が保たれ、土壌養分が豊富であることが多く、一般的には肥沃な土壌として知られています。このことから、境町の土壌や環境(入水・排水など)は、稲作に向く土地と言われています。

砂目の土地

 砂目の土地の傾向として、多作であることや、食味に影響があるたんぱく質の増加に影響のある窒素成分を必要以上に吸わないことがあげられます。このことより、一般的に砂目の土地では、おいしいお米が出来ると言われています。

利根川の歴史と恩恵

 境町は、利根川の歴史と恩恵により、稲作に適した土地がまだ多く残っており、さらに管理された送排水が出来ています。そのため、管理している生産者の手間や愛情が反映され、粒ぞろいの良い、食味の高いお米が生産されます。

境町産のコシヒカリを使ったライスパック!

特別ミネラル肥料で育てた、境町産のコシヒカリを低温製法米にて、パックに詰めました。しかも180gパックなので約1.2人前とお腹の満足度もUP!

境町産のおいしいお米

 ふるさと納税でも大人気の境町産のお米を、道の駅さかいで購入することができます。売り場には生産者さんが思いを込めて育て、収穫し、精米・袋詰めを行ったお米が並んでいます。是非、一度ご賞味ください♪
long_bar
long_bar

各種ご予約はこちら