大河のほとりで時を見つめる

茨城県西端の境町は利根川のほとりに開かれた河岸(かし)の街。 鉄道も自動車もない江戸時代、交通の動脈は川であり、川面を往き交う高瀬舟に乗せられて、人と物とが“川の駅”である境町の河岸に集まってきました。 時代は変わり、舟運が輸送の主役から降りた現在にあっても旅人にやさしく、活気ある産業と交流のまち・境のあり方は変わりません。

観光情報

日本最大級の花火大会

見る・遊ぶ

詳しく見る
さかいまちで美食体験

食べる

詳しく見る
関東の富士見百景

泊まる

詳しく見る

観光情報一覧を見る   

その他情報